オススメのプラグイン google XML sitemapsの使い方

WordPressのプラグイン「google XML sitemaps」はサイトマップを自動で生成してくれるプラグインです。

 

また、記事を更新したりしてサイトマップが生成されると自動で検索エンジンに通知してくれたりもします。

 

なぜ、このプラグインが何故オススメなのかと言うと「google XML sitemaps」をインストールしたら検索順位が20位程上昇したからです。

 

これまでは「ps auto sitemaps」のプラグインでサイトマップを生成していたのですが、こちらのプラグインは「ブログの訪問者にどんなコンテンツがあるのか?」を知ってもらう為のサイトマップ生成プラグインになっています。

 

今までは狙ったキーワードで中々検索順位が上がらなく、「All in One SEO Pack」をインストールして、少しでも検索順位を上げようとしたりしました。

 

しかし、結果はというとあまり変化が無く、30位~40位を行ったり来たりしていたのです。

 

そこで「google XML sitemaps」のことを知り、早速インストールして記事を更新してみたところ、10位~20位のところまで上がってくれました。

 

元々の順位が低かったので、偶然上昇しただけかも知れませんが、そこそこの順位でも「google XML sitemaps」の恩恵は少なからず得られると思います。

 

なのでまだインストールしていなければ、入れて試してみてはいかがでしょうか。

google XML sitemapsのインストール手順

・ダッシュボードのプラグイン⇒新規追加⇒検索欄にgoogle XML sitemaps入力

・表示されたら、いますぐインストールをクリック

・インストールされたら有効化する

google XML sitemapsの設定

・ダッシュボードの設定⇒XML-Sitemapをクリック。

始めは「検索エンジンはまだ通知されてません」と出てきますが、記事を更新すると「Googleは変更について正しく通知されました、Bingは変更について正しく通知されました」の表示に変わります。

 

・基本的な設定はデフォルトのままで大丈夫です。

GoogleとBingに通知されるので早くインデックスされるようになります。

 

・投稿の優先順位とSitemapコンテンツです。

投稿の優先順位はデフォルトでコメント数になっていますが、「優先順位を自動的に計算しない」に変更して自動的に優先順位が決められないようにしておく方が良いです。

 

・Sitemapコンテンツは重要なページをサイトマップに掲載し、検索エンジンが不要なページに見に行かないようにすることが出来るので重要な項目にチェックを入れておきます。

 

・含めないカテゴリーはカテゴリーの中でサイトマップに掲載したくないものがあればチェックを入れることで、掲載させなくすることが出来ます。

 

・更新頻度の設定は更新頻度を検索エンジンに知らせることが出来ますが、更新頻度の設定通り検索エンジンがクロールしてくれないかもとしているので、あまり神経質に設定をしなくても大丈夫です。

重要なページの項目だけ設定しておくと良いでしょう。

 

・優先順位の設定は先程のように更新頻度で設定した重要な項目を高めに設定しておくと良いでしょう。

 

・最後に設定を更新をクリックして完了です。

さくらサーバーで複数のwordpressブログを運営する方法

ここでは、さくらサーバーで複数のwordpressブログを運営する方法を説明したいと思います。

 

しかもこれは、あまり知識が無くても簡単に同一サーバー内でWordPressを増設したい人向けの方法になります。

 

また、スタンダードプラン以上で、すでに独自ドメインを取得してWordPressを導入している事を前提でお話します。

マルチドメインの取得

さくらサーバーでは、マルチドメインがプランによって20~40個取得することが出来ます。

 

なのでまず、新規のドメインを取得します。

 

・コントロールパネルからログインします。

・ドメイン設定のところからドメイン設定をクリック。

・ドメイン一覧が表示されるので新しいドメインの追加をクリック。

・すると1~6までの項目が表示されるので、③のさくらインターネットの60種類のサブドメインを使うから好きなドメイン名を入れて下さい。

・ドメインを入れたら、その右にある中からプルダウンでサブドメインを選び、 送信するをクリック。

 

これで新規ドメインが取得出来ました。

 

・ドメインを取得するとこのように表示されるので【詳細設定にすすむ】をクリックします。

 

【以下のように設定します。】

・設定をお選びください⇒マルチドメインとして使用する(推奨)

・マルチドメインの対象のフォルダをご指定ください⇒ 分かりやすいフォルダ名をつける。

・メール利利用をお選びください⇒そのまま

・共有SSLの利用を選んでください⇒共有SSLを利用しない。

・SPFレコードの利用を選んでください⇒メール機能を利用しない限り必要ないですが、そのままチェックを入れてもOKです。

・IPv6アドレスの利用を選んでください⇒特に設定する必要はありません。

 

すべて入力したら、【送信】をクリックすれば設定完了です。

データベースの作成

次はデータベースを作成して行きます。

 

【アプリケーションの設定】⇒【データベースの設定】⇒【データベースの新規作成】の順でクリックします。

 

以下のように設定します。

 

・データベースバージョン⇒そのままデータベース名⇒分かりやすい名前をつけます。

・接続用パスワード⇒初めに設定しているので*印で表示されているかと思いますので、データベース文字コード⇒UTF‒8を選択します。

 

入力が完了したら、【データベースを作成する】をクリックすれば、設定完了です。

WordPressのインストール

最後にWordPressをインストールします。

 

今回はクイックインストールを使います。

 

・運用に便利なツールからクイックインストールをクリック。

・ブログをクリック。

・wordpressをクリック。

 

【以下のように設定します。】

・確認⇒利用規約等を確認し、チェックを入れます。

・インストール先⇒先ほど取得したドメインをプルダウンで選択し、先程のフォルダ名(データベース名)を入力します。
(フォルダ名を設定しないとワードプレスをインストールできません。)

・データベース⇒プルダウンから先程のデータベース名が付いているのを選択します。

・データベースパスワー⇒初めにデータベースを作成した時に設定したパスワードを入力します。

・テーブルの接頭語⇒そのままでOK。

 

すべて入力し終わったら、【インストール】をクリックします。

 

これでwordpressをインストールする準備が出来たので、あとは指示に従って行くだけでインストールされます。

画像をキャプチャーするソフトSkitchとRaptureの使い方

今回紹介するのは「Skitch」という無料のソフトです。

 

Skitchは、スマホの「iOS」や「Android」、パソコンの「Windows」 、「Mac」にも対応してます。

 

また、Skitchは、画像をキャプチャして加工出来るアプリで、矢印を入れたり、文字入れモザイク、切り取りが出来るので非常に便利です。

 

そして、出来上がった画像は「Evernote」に保存か、画像として保存のどちらか選択出来るので、一度試してみてはいかがでしょうか。

Skitchのインストール方法

windows版での説明になりますが、SkitchのダウンロードページでWindows版ダウンロードをクリックします。

 

すると Skitchのダウンロードが始まるので「実行します」をクリック。

・Skitchのセットアップが始まるので「次へ」をクリックします。

・使用許諾契約に同意しますか?と出るので、「同意します」で「次へ」をクリック。

・「インストール先ディレクトリを指定して下さい」と出ますが、基本そのままでOKなので「次へ」をクリックします。

・「インストールする準備ができました」と出るので「次へ」をクリック。

 

するとインストールが始まりますので、しばらく待ってインストールが完了画面に変わると終了です。

 

Skitchはインストールも簡単ですね。

 

これでwordpressブログなんかで、画像を使って説明する時に使用すると、解りやすくなりますね!

画像切り取りソフト Rapture(ラプチャー)

パソコンで一部の画像を保存したい時に、どうしていますか?

 

パソコンのキーボード「PrintScreen」キーを使って画像を保存することが出来ますが、少し面倒ですよね?

 

パソコンの場合、PrintScreenキーをクリックしてスタートボタン⇒ペイント⇒貼り付け⇒トリミング、といくつもの過程を踏んで必要な画像に仕立て上げなければなりません。

 

そこで紹介するのが、もっと簡単に一部の画像を保存してくれる無料のソフトRapture(ラプチャー)です。

 

このRaptureは、少し面白くてマウスポインタがおにぎりの形になっています。

 

ちょっと人をからかっている感じがしなくもありませんが、まぁ、そこは普通のマウスポインタに変えることも出来るので、大目にみてあげましょう。

Rapture(ラプチャー)のインストール方法

まず、Raptureのサイトにアクセスしてダウンロードボタンをクリックします。

・ダウンロードはファイル式になっていますので、解凍します。

 

解凍したあとは、おにぎりマークを右クリックでタスクバーにでも登録しておきましょう。

Raptureの使い方

Raptureの使い方は、いたって簡単です。

 

先程タスクバーに登録しておいた、おにぎりのアイコンをクリックすると起動しますので、保存したい画像にポインタを合わせて左クリックしたまま必要な箇所をトリミングしていきます。

 

左クリックを離すと画像を取り出した形になるので、右クリックから名前をつけて保存をしておくと無事完了です。

 

Raptureは四角の枠でしかトリミング出来ませんが、画像を保存したい時には、簡単で手間の掛からないキャプチャソフトとして使えます。

スマホ向けに自動生成してくれるWPtouch Mobile Plugin

現在のSEOはモバイル化は必須です。

 

もし、wordpressで使っているテンプレートがレスポンシブWebデザインに対応していなければ、早急に対策する必要があります。

 

ただ、テンプレートを替えるのも面倒だし、現状のままで何とかならないのかという声も多いかと思います。

 

そこで紹介するのがwordpressのプラグイン「WPtouch Mobile Plugin」です。

 

WPtouch Mobile Pluginは、インストールしておくと、スマホでサイトに訪れてくれた場合にはスマホ向けにページを自動で生成してくれる便利なプラグインです。

 

インストールから設定までは至って簡単で、wordpressのプラグイン新規追加から検索欄に「WPtouch Mobile Plugin」で検索し、いますぐインストールをクリック。

 

インストールされたら有効化しておくだけで、スマホ向けにページを生成してくれるようになります。

リンク切れを自動で検出してくれるBroken Link Checker

ここでは、wordpressのプラグインをもうひとつ紹介します。

 

そのプラグインというのは、「Broken Link Checker」で、これをインストールしておくとサイト内のリンクが切れていれば自動で知らせてくれるのです。

 

リンク切れをそのまま放置しておくと、SEO上不利になるので、非常に便利です。

Broken Link Checkerのインストールから設定まで

wordpressのプラグイン新規追加から検索欄に「Broken Link Checker」で検索すると、表示されるので、いますぐインストールをクリックします。

 

インストールが終わったら有効化しておきます。

 

次に設定方法ですが、ダッシュボードの設定からBroken Link Checkerをクリックします。

 

すると設定画面が表示されるのでお好みの設定に変更して変更を保存をクリックで、変更完了です。

 

・各リンクをチェック=デフォルトでは「72」になっています、72時間ごとにリンクの状態をチェックしているという意味なので好きな時間に設定することが出来ます。

 

・メールで通知=デフォルトでは「新たに検出されたリンクエラーに関してメール通知を受ける」になっています、必要に応じて「記事内のリンク切れについて、投稿者に電子メール通知を送信」にもチェックを入れておくと良いでしょう。

 

・リンクの調整=デフォルトでは「リンクエラーにカスタムCSSを適用する」になっていますが、これはリンクエラーがあるとリンクに取り消し線が引かれて表示される設定です。

 

・「検索エンジンがリンクエラーをリンクしたと認識しないようにするリンクエラーにrel=”nofollow”が付きます」は、リンクエラーがあった場合リンクエラーの属性に「nofollow」をつけることで、検索エンジンがエラーを認識しなくなります。

 

私の場合はこちらに変更しています。

 

・提案とWarnings=デフォルトのままチェックが入った状態で構わないです。

 

以上が一般設定になります、基本デフォルトのままで大丈夫なので、変更したい場合は好みで変更して下さい。

WordPressの画像を簡単に表示する方法とURL短縮プラグイン

WordPressで画像を表示する場合、テキストウィジェットを使って画像を表示するかと思います。

 

しかし、これにはHTMLの編集をする必要があったりするので、あまりHTMLに詳しくない人にはオススメしません。

 

そこで、WordPressの画像を簡単に表示する方法ですが、「Image Widget」というプラグインを使うと便利です。

 

Image Widgetを使うと、簡単に画像を表示するウィジェットを作ることが出来るので、一度試してみてはいかがでしょうか。

Image Widgetのインストール方法

Image Widgetは、その名の通りウィジェットになっていて、タイトルを入れたり、キャプションに説明を書くことも出来ます。

 

リンクには、画像をクリックしたときに飛ばしたいところのリンクを挿入しておくことで、簡単にサイトの移動が出来るようになります。

 

ただ、このImage Widgetはテキストウィジェットと違い、画像を1枚しかアップロードすることが出来きません。

 

そのことが難点になりますが、それを差し引いてもやっぱり使い勝手に優れています。

 

インストール方法は、WordPressのダッシュボードからプラグイン⇒新規追加から検索窓にImage Widget打ち込みます。

 

するとプラグインが表示されるので、いますぐインストール。

 

そして有効化をクリックすると、外観⇒ウィジェット⇒から画像ウィジェットが追加されていますので、お好みでサイドバーやトップページなどに設置してみて下さい。

URL短縮プラグイン

無料で使えるURL短縮サービスは色々あります。

 

SNSなどにURLを貼る場合、そのままのURLでは長すぎるので、URL短縮サービスを使って短くしたりすると思います。

 

そこで、今回紹介するのが、WordPressにもURLを短縮出来て、クリック解析も出来る優れたプラグイン、Pretty Link Liteです。

 

おまけにこのPretty Link Liteの短縮URLは、独自ドメインでのURLになっているので、スパム判定されることも無いと思います。

Pretty Link Liteの使い方

Pretty Link Liteは、元のURLを入力して変換するタイプではなく初めから独自ドメインのURLが用意されています。

 

URL最後の部分は、自分の好きな英数字に変更が可能です。

 

最初は、そのままのデフォルトの英数字でも構わないので、Target URLのところに元のURLを入れて、Createというところクリックすると短縮URLの出来上がります。

Pretty Link Liteのインストール方法

WordPressのダッシュボードからプラグイン⇒新規追加⇒Pretty Link Liteで検索。

 

インストール出来たら有効化します。

 

(注意)Pretty Link Liteは、WordPressのパーマリンク設定がデフォルトの場合は使えないので、デフォルトの方は他のパーマリンクに変更して下さい。

 

有効化するとダッシュボードにPretty Linkが表示されるので、Add New Linkから作成します。

Pretty Link Liteの設定方法

 

・Redirection Typeのところはデフォルトの307のままで大丈夫です。

・Target URLは短縮したいURLを入れる

・Pretty Linkは用意されている短縮URL

・TitleはURLのタイトルを適当に入れて下さい